McLaren Senna

McLaren Senna

「機能に沿ったフォルム」の究極形

800PS。ダウンフォース800kg。乾燥重量1,200kg未満。現時点でマクラーレンの公道仕様のすべてのロードカーを凌ぐ最速のラップタイムを叩き出せるマシンです。McLaren Sennaのパフォーマンスレベルは数値を見れば明らかです。ただし、数値で示されるのは氷山の一角に過ぎません。なぜなら、アイルトン・セナが持って生まれた才能を発揮し自身のマシンで体験した感覚を反映するため、計り知れないほどひたむきな努力があったからです。この努力なくしてMcLaren Sennaの驚愕のパフォーマンスを引き出すことはできなかったでしょう。

 

McLaren Sennaは、現時点でマクラーレン最速のロードカーですが、このマシンの驚異的なパフォーマンスは、ドライバーがマシンをコントロールでき臨場感を味わえるドライビング体験と密接に関連しています。

McLaren Senna
ドライバーと一体となるMcLaren Senna

マクラーレンの天才的レーサーの一人であったセナのレジェンドとしての能力を忠実に反映するため、アルティメット・シリーズの新モデルであるMcLaren Sennaのあらゆるパーツに妥協を許さないパフォーマンスの精神が注ぎ込まれています。さらに、ドライバーとマシンの間に確かなつながりを築くことが徹底的に重視されています。この感情的かつ直感的なつながりは、信頼によってもたらされます。また、McLaren Sennaのドライビングエクスペリエンスを生まれながらにして体験できる才能が自分にあると感じることができるドライバーの能力によってもたらされます。比類なきフィードバックが鍵となります。圧倒的な速度でドライビングのセンセーションを心から楽しむためには、積極的に自らの意図をドライバーに伝え、ドライバーに主導権を与えるマシンが必要なため、路面やサーキットとの一体感は何よりも重要となります。McLaren Sennaはまさに理想的なマシンです。

McLaren Senna
一切妥協のないサーキットでのパフォーマンス

レースアクティブ・シャシー・コントロールIIを実現するため、McLaren Sennaには、McLaren P1™のために開発された革新的なサスペンションテクノロジーとマクラーレン最新のコントロール理念が採用されています。一切妥協のないパフォーマンスを提供するため、この革新的な新しい油圧サスペンションには、レースモードが装備されています。レースモードを使用すると低車高、低重心になり、空力が高まります。McLaren Sennaには新たなレベルのパーツとテクノロジーが採用されています。油圧サスペンションは、レースモードで低速走行時に相対的なコンプライアンスを可能にし、メカニカル・グリップをサポートします。加速するにつれ、サスペンションが硬くなり、増大する空力負荷をサポートします。このサポートがない場合、空力負荷はサーキットでマシンがコースから飛び出す原因になる可能性があります。

McLaren Senna
マクラーレン史上最もパワフルなエンジン

McLaren Sennaの心臓部に積まれた4.0LツインターボチャージャーV8エンジンは、マクラーレン史上最もパワフルなロードカー向けエンジンで、800Nm(590lb ft)のトルクで800PS(789bhp)の出力を発揮します。さらに、わずか3,000rpmで700Nm(516lb ft)のトルクを利用できます。このエンジンにはM840TRのコードネームが付けられており、パワートレインには、レースからインスピレーションを得たドライサンプ潤滑方式とフラットプレーンクランクシャフト、軽量コネクティングロッドとピストンが採用されています。ルーフに搭載された特徴的な「シュノーケル」により、エンジンの上にある特注のカーボンファイバー製プレナムセットに直接空気が送り込まれます。この極めて効率の良い空気の供給経路と低慣性ツインスクロールターボチャージャーと電子制御ウェイストゲートを組み合わせることにより、瞬間的なスロットルレスポンスが実現します。

McLaren Senna
レースカーにふさわしいブレーキシステム

マクラーレンのロードカー史上最先端のブレーキシステムを採用。次世代カーボンセラミックブレーキにはレーステクノロジーが使用されており、各ディスクの製造には従来のカーボンセラミックディスクの製造に要する期間の7倍に相当する7ヶ月もの時間がかかります。Formula 1™からインスピレーションを得たフロントキャリパーには、驚くほど強堅なモノブロックデザインと温度を下げるベンチレーテッド型6ピストンが採用されています。さらに、サーキット走行のみを目的としたMcLaren P1™ GTRで使用されたブレーキブースターにより、モジュレーションとペダルによるコントロールの一貫性が強化されます。こうして圧巻のパフォーマンスを誇るMcLaren Sennaのブレーキが完成しました。時速200km(124マイル)からわずか100mでの停止を可能にし、時速100km(62マイル)からの停止には30mも要しません。

McLaren Senna
圧巻の加速

7速デュアルクラッチ式シームレスシフトギアボックスが、ミッドシップエンジンからリアホイールにパワーを送り込みます。Formula 1™から採用されているシフトチェンジの間スパークを一時的にカットするイグニッションカットテクノロジーは、可能な限り最速のシフトチェンジを可能にするだけでなく、シフトアップとシフトダウン時に、ドラマチックなサウンドを奏でます。マクラーレンのトランスミッションとソフトウェアに関する幅広い戦略には、直線で驚異的なパフォーマンスを発揮するローンチコントロール機能が採用されています。時速0km(0マイル)から100km(62マイル)までは2.8秒で、時速0km(0マイル)から200km(124マイル)までは6.8秒で、時速0km(0マイル)から300km(186マイル)までは17.5秒で加速します。さらに停止状態からわずか10秒で4分の1マイル(約402m)に到達できるだけでなく、最高時速340km(211マイル)を誇ります。

McLaren Senna
レース専用に開発された特注タイヤ

驚異的なパフォーマンスを発揮するMcLaren Sennaには、技術パートナーであるPirelliと共同開発した特注のタイヤが装備されています。Pirelli P Zero™ Trofeo Rタイヤ(フロント:245/35 ZR19 / リア:315/30 ZR20)は、ドライコンディションのレースサーキット向けに設計されていますが、公道仕様のタイヤとしても承認されています。このため、McLaren Sennaでサーキットに向かうことも可能です。アシンメトリーな溝により、非常に優れた横方向のグリップ力が発揮されるだけでなく、特殊構造によりコーナリング時に剛性が維持されます。ブレーキ距離を縮め、前方向への加速性能を強化し、フロント軸とリア軸の間に一貫性のある反応を生み出し、ステアリングレスポンスのオンセンター感(直進走行感)を向上するため、コンパウンドに特別な処理が行われています。

配信登録

マクラーレンの最新のニュースはお近くのディーラーまたはウェブサイトへご登録下さい