The McLaren Senna

McLaren Senna

GTR Concept

マクラーレン・オートモーティブは、最新のアルティメット・シリーズとして、サーキット仕様のみのMcLaren Sennaを発表します。2018年ジュネーブ国際モーターショーで遂にベールを脱いだMcLaren Senna GTRのコンセプトカーは、公道仕様のMcLaren Sennaを上回る出力とトルクを発揮し、Formula 1以外では最速のラップタイムを叩きします。

 

このマシンの重要度は、GTRが名前に使用されていることから明らかです。マクラーレンが初めてGTRの名前を使用したのは、1995年にル・マン24時間レースで優勝を収めたF1 GTRでした。そして次のその名を使用したのは、初のアルティメット・シリーズのマシンとして登場したサーキット仕様のみのMcLaren P1™ GTRでした。McLaren Senna GTRは、この2台のマシンに次ぐ、GTRの名を冠した3台目のマシンとなります。

 

一流のサーキット仕様のマシンに必要なコア強度と剛性を確保するため、McLaren Senna同様カーボンファイバー製モノケージIII構造を中心に組み立てられたMcLaren Senna GTRは、乾燥重量もMcLaren Sennaと同じ最軽量の1,198kgを誇ります。McLaren Senna GTRの正確な技術仕様は2018年後半に確定されますが、マクラーレン史上最も圧倒的パフォーマンスを発揮するマシンになることは間違いありません。

The McLaren Senna GTR Concept
究極のエアロダイナミクス

McLaren Senna GTRのコンセプトカーのフロントスプリッターは、ロードカーバージョンのMcLaren Sennaよりもはるかに大きく作られており、アクティブフロントエアロブレードと連携して、フロントのエアロダイナミックパフォーマンスを改善します。このマシンではタイヤの左右の間隔が広げられ、それに合わせてフロントとリアのフェンダーが拡大されますが、エアフローを改善するため、ドアの外側のスキンはできる限りマシンの中心に「押し込まれ」ます。

The McLaren Senna GTR Concept
強化された冷却性能

McLaren Senna GTRのコンセプトカーのリアクラムシェルはどのマクラーレンのマシンよりも低く、エアロダイナミクスパフォーマンスと冷却をサポートします。階段状のルーバーの前にある特徴的な「ガーニーフラップ」がリアデッキから空気を逃がし、これによって生じる低圧のエリアに、高温のラジエーターとエンジンベイから熱気が引き込まれます。このルーバーは、エアフローがリアウイングの効率に影響が及ばないよう機能します。

McLaren Senna GTRには、公道でもサーキットでもお使いいただけるMcLaren Sennaと同じ4.0LツインターボチャージャーV8エンジンが積まれていますが、サーキット仕様のみのGTRでは、ロードカーで実現された800PSおよび800Nmを上回る出力とトルクが実現しました。馬力は最低でも825PSまで引き上げられるため、ロードカーのMcLaren Sennaよりも高速で直線を走るマシンとなります。

 

McLaren Senna GTRに加えられるその他の変更には、レーススタイルのトランスミッション、改良されたダブルウィシュボーン式サスペンション、Pirelliのスリックタイヤ、サーキット走行専用に開発された新しいホイール設計が含まれます。

厳しい道路規制を守る必要性から解放され、モータースポーツの規制からも解き放たれたMcLaren Senna GTRのコンセプトカーには、大幅に改良されたリアディフューザーが採用されています。この総合的なエアロダイナミクス・パッケージにより、ロードカーバージョンMcLaren Sennaのダウンフォースを200kg以上上回る最大1,000kgという圧倒的なダウンフォースが実現されます。

 

McLaren Senna GTRは2018年ジュネーブ国際モーターショーでも非常に高い関心を集めましたが、今後も注目を集めるマシンとなるでしょう。2019年中に、最高75台がイギリスのウォキングで手作業で組み立てられます。