McLaren Inside

ブランド

「制限も限界もありません。ただ闇雲に限界を押し上げているわけではありません。私たちは限界を徹底的に見直します。マクラーレンの存在意義、それは圧倒的パフォーマンスを誇るロードカーを生み出すことです。そして、想像できる限り最もスリリングなドライビング体験をもたらすことです。

私たちが行うことすべての中心にはイノベーションがあり、あらゆる課題に取り組む時、まず、現状を上回る結果を出すために何ができるかを考えます。この飽くなき探求心は、マクラーレンのあらゆる部分に反映されています。また、マクラーレンがデザインするすべてのマシンに完璧への強いこだわりが表れています。新しい技術を生み出し、業界の水準に挑戦状を突き付け、スピード、パフォーマンス、ダイナミックエンジニアリングの限界を押し上げる。公道では驚くほど走りやすく、サーキットでは驚愕のパフォーマンスを発揮するマシンの数々を生み出してきたのは、まさにこのアプローチです。」

McLaren About
イノベーション

「絶えずイノベーションに取り組む。マクラーレンは、新たな時代を切り拓くスーパーカーのメーカーです。イノベーションの理念に深く根差した事業を展開し、圧倒的なデザインとエンジニアリングを世に送り出してきた実績があります。誰よりも早く果敢に挑戦しなければ一番にはなれません。」

見つける
McLaren Inside
デザイン

マクラーレンはドライビングのためにマシンを作りますが、機械の言いなりにはならず、感情を大事にしています。マクラーレンのマシンのデザインのあらゆる側面に「感情」が宿り、すべての側面に紛れもない情熱と直感が注がれています。

見つける
McLaren Inside
マクラーレン本社

「ドラマチックでありながら、控えめ。美しいだけでなく、技術的にも最先端。すべてのディテールが、至極のマシンを生み出すための完璧な環境を作るという目的のために存在しています。」

見つける
McLaren Inside
創業者から継承されている精神

ブルース・マクラーレンが初めてレースに参戦したのは1952年、ブルースはまだ15歳の学生でした。そのわずか7年後には、初のグランプリ優勝という大記録を樹立しました。そしてブルースが作ったレーシングチームは、後に世界三大レースであるF1、インディ500、ル・マン24時間レースすべてを制覇し、トリプルクラウン(三冠王)の称号を得た唯一のコンストラクターとなったのです。創業者であるブルースの精神は、今でもマクラーレンのロードカー部門の指針となっています。イノベーションへの飽くなき探求心。可能性の限界を打ち破るという強い意志。そしてドライビングに対する情熱。これこそまさにマクラーレンがマシンを作る理由であり、マクラーレンのすべてのマシンを形作るものです。

見つける