The McLaren Senna

McLaren Senna

想像を超えるソリューション

時代の先駆けとなるアクティブフロントエアロブレードとアクティブリアウイングがエアフローを活用し、車体のバランスを最適化し、可能な限り幅の広いエアロダイナミックウィンドウを維持します。これらの要素は、ドライバーがMcLaren Sennaの驚異的なパフォーマンスを引き出し、活用する上で重要な役割を担います。様々なパーツにカーボンファイバーを採用することで、McLaren Sennaはマクラーレンの代表的マシンF1以来となるマクラーレン史上最軽量のマシンに仕上がっています。

 

McLaren P1™向けに開発された革新的なサスペンションテクノロジーを活用し、マクラーレンはレースカーを凌ぐレベルのダウンフォースを生み出すマシンと、ドライバーがマシンの潜在的なパフォーマンスを最大限に引き出すことができるほどドライバーへのレスポンスを徹底的に突き詰めたシャーシを開発しました。

The McLaren Senna
前例のないアクティブエアロダイナミクス

McLaren Sennaは、McLaren P1™のダウンフォースを120kg上回る最大720kgのダウンフォースを生み出します。また、アクティブフロントエアロブレードとアクティブリアウイングが、驚異的なエアロダイナミックパフォーマンスを引き出す上で重要な役割を担っています。時代の先駆けとなるアクティブフロントエアロブレードとアクティブリアウイングがエアフローを活用し、車体のバランスを最適化し、可能な限り幅の広いエアロダイナミックウィンドウを維持します。これにより、McLaren Sennaに秘められた可能性が解き放たれ、ドライバーはさらに速度を加速させる限界にますます近付くことができます。自信が高まることにより、ドライバーはギリギリまでブレーキを踏むタイミングを遅らせ、より速い速度でコーナーに入り、より早い段階でスロットルを開くことができます。

The McLaren Senna
唯一無二のパフォーマンスを実現する革新的なサスペンション

McLaren Sennaには、最先端の次世代サスペンション、レースアクティブ・シャシー・コントロールII(RCC II)を作るためのマクラーレンの知識すべてが注ぎ込まれています。この最先端のサスペンションシステムは、圧倒的な空力負荷を生成、管理し、妥協を許さないレースでのパフォーマンスを実現することを目的に設計されています。RCC IIにより、公道でも比較的快適なドライビングをお楽しみいただけますが、レースモードに切り替えることでMcLaren Sennaは真価を発揮し、ロードカーとしてはかつてないレベルのダウンフォースとGT3仕様のレースカーに匹敵するロール剛性を駆使し、驚愕のラップタイムを叩き出します。簡単に言えば、McLaren Sennaには「妥協の一切ない」セットアップが採用されています。

The McLaren Senna
想像を超えるソリューション

マクラーレンの軽量化への取り組みは、McLaren Senna専用のカラーにも現れています。必要な液体量を軽減するために特別に配合された軽量塗料、カーボンブラックは、XXkgの軽量化に貢献しています。さらに、当然のように思われるパーツもひとつひとつ再評価されています。McLaren Sennaの本質と意図にふさわしいパーツを採用するため、クイックリリースオプション付きのナンバープレート取り付けベース基台を指定することができます。このベース基台は、軽量マグネットを使ってフロントに取り付けられます。これにより、多くの固定パーツが不要となるだけでなく、工具を使用することなくレーストラックで取り外すことが可能となります。軽量リチウムイオンバッテリーが標準装備されています。

The McLaren Senna
ひたむきな意欲

McLaren Sennaの開発チームの意欲には目を見張るものがあります。重量目標を達成したにも関わらず、エンジニアはさらに5%の軽量化を目指し、1gでも重量を削減できるパーツや方法を最後の最後まで追及しました。McLaren Sennaのドアの重量は、マクラーレン・スーパー・シリーズに採用されているディヘドラルドアの重量の3分の1しかありません。リアフェンダーパネルは1パネルあたりわずか2.87kgで、パネルの厚さは1mmしかありません。リアライト1個あたりの重量はわずか1kgで、これは最初のアルティメット・シリーズのライトの重量の50%減に相当します。

The McLaren Senna
想像を超えるソリューション

マクラーレンの軽量化への取り組みは、McLaren Senna専用のカラーにも現れています。必要な液体量を軽減するために特別に配合された軽量塗料、カーボンブラックは、XXkgの軽量化に貢献しています。さらに、当然のように思われるパーツもひとつひとつ再評価されています。McLaren Sennaの本質と意図にふさわしいパーツを採用するため、クイックリリースオプション付きのナンバープレート取り付けベース基台を指定することができます。このベース基台は、軽量マグネットを使ってフロントに取り付けられます。これにより、多くの固定パーツが不要となるだけでなく、工具を使用することなくレーストラックで取り外すことが可能となります。軽量リチウムイオンバッテリーが標準装備されています。

The McLaren Senna
ひたむきな意欲

McLaren Sennaの開発チームの意欲には目を見張るものがあります。重量目標を達成したにも関わらず、エンジニアはさらに5%の軽量化を目指し、1gでも重量を削減できるパーツや方法を最後の最後まで追及しました。McLaren Sennaのドアの重量は、マクラーレン・スーパー・シリーズに採用されているディヘドラルドアの重量の3分の1しかありません。リアフェンダーパネルは1パネルあたりわずか2.87kgで、パネルの厚さは1mmしかありません。リアライト1個あたりの重量はわずか1kgで、これは最初のアルティメット・シリーズのライトの重量の50%減に相当します。

配信登録

マクラーレンの最新のニュースはお近くのディーラーまたはウェブサイトへご登録下さい