McLaren F1

F1

Iconic Design

F1のチーフデザイナーであるGordon Murrayは、1969年から、1+2のシートレイアウトの研究を続けてきました。20年後、彼の革新的なアローヘッド・コンセプトはF1で結実しました。

McLaren F1

妥協を許さないデザイン

厳選

 

従来のスーパーカーのパフォーマンス特性を徹底的に分析した後、F1のために選りすぐられたメンバーによるエンジニアリング・チームが、スポーツカーの設計をあらゆる視点で見直しを行いました。マクラーレンのFormula 1™での経験から導かれた、一切の妥協を許さないデザインへのアプローチによって、重量はそぎ落とされ、空気抵抗を抑えダウンフォースを高めました。ミリ単位でF1の検討を重ねた結果、世界で最も爽快なマシンが生み出されました。

 

純金

 

BMW製の自然吸気6.1リッターV12エンジンは、サイズに対して最大のパワーを発生させ、620bhp超を達成しました。これほどの高出力には大量の発熱が伴うため、エンジンベイ周りには熱を反射させる最高の材質である純金を敷き詰めてあります。

 

妥協なき姿勢

 

私たちの妥協を許さないエンジニアリング・デザインへのアプローチ、それはカーボン・ファイバー・シャシーを1台製造するために3,000時間以上の時間を費やすことになりました。スロットルペダルは6つのチタン製パーツを手作業で組み上げました。インストルメント・パネルはハンドメイドで作られ、塗装も手作業です。刺繍の機械加工も一つずつ行われました。すべてのマシンのキャビンはオーナーのリクエストに応じてカスタマイズされているため、ドライバーにも緻密さが求められます。

McLaren F1
重量を抑えた設計

パフォーマンス、ハンドリング、ブレーキング、そして研ぎ澄まされたドライビング・フィールを高めるためには、あらゆる部分で軽量化が必要なことをF1チームは熟知していました。そのためF1は、アルミニウムよりも軽量で強固なカーボン・ファイバー・シャシーを採用して製造された最初のロードカーとなりました。重量を抑えるためホイールもマグネシウム合金を用いています。下部構造にはチタンを使用し、ツールキットさえチタン製とすることで、スチール製のキットよりも50%軽量に仕上げました。

McLaren F1
圧倒的なエアロダイナミクス

スポイラーを外し、ストラットによるウィングも不要とする。それでいて高速走行時の絶対的な安定性を誇る。これらはエアロダイナミックにとって不変の原理であり、F1のデザインの拠り所でもあります。車重を増やさずトラクションを向上させるためのダウンフォースを発生させるため、チームでは最新のグランドフォース技術を採用しました。

革新へのあゆみ

Formula 1™にインスピレーションを得たテレメトリーから、先進的なカーボン・シャシーまで、F1の革新的技術は数十年の未来を先取りしていました。カーボン・ファイバー・タブ、ディヘドラル・ドア、フラットなアンダー・ボディ、エアブレーキなど、効果的なエンジニアリングのハイライトの一部は、依然として現在もマクラーレンの大切な特徴であり続けます。 

エアブレーキ

世界最速のロードカーには最先端のブレーキシステムが必要とされました。コンピューター制御のエアブレーキが車体の負荷のバランスを保ち、強くブレーキを掛けた際に、F1の姿勢を一定に維持するよう機能します。

ディヘドラル・ドア

ディヘドラル・ドアは、複雑な問題をエレガントに解決します。美しくシンプルであり、実用性も兼ね備える大きく開くデザインは、センター・ドライバー・ポジションへの乗降も容易にします。

レーシングカーの血を受け継ぐモニタリング

サーキット用に開発され、F1用に改良されたオンボード診断コンピューターが継続的にモニタリングを行い、膨大なログから問題の特定と診断を行います。

 

McLaren F1

配信登録

マクラーレンの最新のニュースはお近くのディーラーまたはWebサイトへご登録下さい