765LT Design

765LT

TRUE TO FORM

ありのままのドライビングフィールを実現するという目的

この目的に沿った765LTには、極限を追求したデザインが採用されています。そのシルエットは、スピード、エアロダイナミクスの安定性、瞬間的なレスポンスのために形作られています。フロントが5mm下げられ、フロントトラックの幅が広げられ、異次元のマシンと称された675LTからインスピレーションを得たドラマチックな印象を放つサイドエアインテークが採用されたその佇まいからもそれは明らかです。

長く伸びたリアは、このマシンが紛れもなくロングテールであることを物語っています。さらに最新のLTにはカーボンファイバーを用いた傑作と言っても過言ではない新しいアクティブリアウィングが装備されています。マクラーレン・コンポジット・テクノロジー・センター(MCTC)が生み出したこのアクティブリアウィングは、驚異的なダウンフォースを生成し、究極の安定性を実現し、停止距離を大幅に縮めます。

765LT
パフォーマンスにふさわしいシルエット

「ロングテール」の名を冠したマシンはすべて、常識に反旗を翻すことを目指して生み出されています。その開発の背景にあるのは、さらに速く、さらに優れたマシンへの執拗なこだわり、そして、あらゆることに疑問を投げかけ、妥協することを断固拒否する姿勢です。この度を超した執着が、あらゆる面で765LTのデザインのインスピレーションとなっています。765LTの長く伸びたシルエット。さらに低くなった車高。徹底的に作り込まれた美しいディテール。新たにデザインされたフロントスプリッター。レジェンドの称号を持つ675LTを想起させる存在感のあるサイドエアインテーク。 McLaren Sennaからインスピレーションを得た、マクラーレンのモータースポーツのDNAとパフォーマンスを重視した姿勢を称賛するカーボンファイバー製のナンバープレート取り付けベース基台。インテリアに個性をプラスする大胆なアプローチと機能面での質の高さ。サーキット走行を意識し無駄が徹底的に排除された軽量Alcantara®で覆われたキャビン。ドライバーを最適なポジションに配置するMcLaren P1™のシートをベースに作り込まれたレーシングシート。キャビンの中央に走らされた独自のカーボンファイバー製トンネル。最新のロングテールに採用された攻めのデザインすべてに存在意義があるのです。

765LT
空気を操るシルエット

個性的かつスリリングなフォルムを形作るビスポーク仕様のカーボンファイバー製パネル。ロングテール独自のフォルムを定義する新しいアクティブリアウィング。その美しいシルエットは765LTの希少性、そして常識に果敢に挑戦する攻めの姿勢を見事に表しています。一方でLTの伝統である「機能に沿ったフォルム」も忠実に継承されています。 マクラーレン・コンポジット・テクノロジー・センター(MCTC)の独創的なエンジニアリング技術により、ダウンフォースが最大限まで引き上げられ、停止距離の低減が図られています。フロントサスペンションをさらに低くし、フロントトラックを幅広にすることで、スリルとバランスが強化されています。これによりドライバーは、公道とサーキットの両方で極めて鋭いドライビング感覚を得ることができます。765LTはその佇まいから前例のないマシンであることが一目瞭然です。新時代を象徴する「顔」から長く伸びたアクティブリアウィングまで…765LTはパフォーマンスへの飽くなき探求心の物語の新たな章の幕開けを告げるマシンです。

765LT

配信登録

マクラーレンの最新のニュースはお近くのディーラーまたはWebサイトへご登録下さい