McLaren P1

McLaren P1™

On the shoulders of giants

1993 年に発売された McLaren F1 は、当時のスーパーカーの常識を覆すものでした。  

このスピリッツを受け継ぐ McLaren P1™ は、20 年後に同じことを成し遂げようとしたのです。

McLaren F1は、登場から20年経っても時代を先取りしています。それは、他の当時のスーパーカーが実現できなかった方法で、並外れたスピードと日常のユーザビリティを組み合わせました。McLaren P1™はその正当な後継マシンです。新聞記者達は、McLaren F1が時速 240.1 mphを記録した世界最速の量産車であるという事実に食いつきましたが、最大の遺産はその技術革新でした。それは、フォーミュラ1でMcLarenが開発した技術である「カーボンファイバー製のタブ」を軸として生産された最初のロードカーであり、現在の私たちの全モデルの中心なのです。

McLaren P1
最新技術の結晶

「マクラーレンは1981 年、MP4/1 によってFormula 1™ の世界にカーボン・ファイバー・シャシーをもたらしました。そして私たちは、世界で初めてロードカーに採用しました。 私たちは常にマシンのエアロダイナミクスをリードしてきており、これまでのすべての経験がMcLaren P1™によって結実しています。 20 年前、McLaren F1の登場によってスーパーカーに求められるパフォーマンスのハードルが高まりました。今回、 McLaren P1™ によって、私たちはをもう一度スーパーカーにおけるパフォーマンスを定義しなおしたのです。」

McLaren P1
執念の決断

1993 年から多くのことが変わりました。現在のマクラーレンが誇る技術は、McLaren F1 の図面を引いた時点では、ほぼ実現不可能な理論でした。一方で、変わらないものもあります。それは執念のアプローチと、不可能などない、という信念です。

配信登録

マクラーレンの最新のニュースはお近くのディーラーにコンタクトするか、Webサイトへご登録下さい