McLaren 675LT

675LT

Sublime handling

675LTのエクステリア・デザインは、そのインパクトあるデザインで、見る者をあっと言わせるだけでなく、ドライバーを圧倒する、そのパフォーマンスも示しています。レースカーにインスピレーションを得たフロント・スプリッターは80%拡大され、リアの特徴的な‘ロングテール’エアブレーキのアスペクト比も50%近く増加されています。こうした改良は、すでに効率性の高さで定評のある650Sに比べ、ダウンフォースが40%向上されたという驚異的な性能の実現に貢献しています。新型バンパー、デザインが一新されたリアフェンダーとリアデッキなど、このクラスでは前例のないレベルで、カーボン・ファイバーをボディワークに採用。これにより車両全体で実質100kgの軽量化が実現されています。乾燥重量1230kgの675LTは、すべてのライバルを凌ぐクラス最軽量のマシンであり、パワー・ウェイト・レシオは驚愕の549PS/トンを実現します。

 

もちろんキャビンにおいても、パフォーマンスを重視し、重量の最適化されたデザインが採用されています。カーペットは取り除かれ、675LTの心臓部というべきカーボン・ファイバー製モノセルがその姿をみせています。快適でありながら明確な目的をもつレーシングシートによって15kgの軽量化に成功。McLaren P1™からインスピレーションを得たシフトギア・コントロールは、675LTの揺るぎないパフォーマンスを明確に示しています。

McLaren 675LT

驚愕のパフォーマンス

V8ツインターボ・チャージャー・エンジン、超高速のデュアルクラッチ・ギアボックス、軽量のチタン製エキゾースト…675Lの心臓部であるエンジンの鼓動がさらに高鳴ります ...the beating heart for the 675LT gets the adrenaline pumping.

 

マクラーレンの V8ツインターボ・チャージャー・エンジンは、常にクラス最強エンジンの座に君臨しています。マクラーレンのエンジニアは、さらに最高出力:25PS(25bhp)、最大トルク:22Nm(16lb ft)をアップさせ、スリリングな675PS(666bhp)、700Nm(516lb ft)を達成しています。そしてクラス最高となる549PS(541bhp)/ tonneを実現しています。

 

また675LTは、圧倒的なパフォーマンスに匹敵する、驚異的な精度を実現しています。軽量コネクティングロッド、ビスポークされたカムシャフト、電子制御式リサーキュレーション・バルブ。これらによりエンジンのレスポンスが最適化され、300%も強度を増したエンジンマウントによりドライバーと道路の一体感が最適化されます。

 

さらに、ターボチャージャー内の削り出され一体構造のコンプレッサー・ホイールが、チャンバーへの気流を最大化し、最適化されたフューエル・ポンプが燃料流量を増加させます。こうしたエンジニアの努力が驚異的なパフォーマンスへとつながっています。

McLaren 675LT
超高速のギアボックス

マクラーレンの誇る7速デュアルクラッチ式シームレス・ギアボックスは、すでに675LT以外のマクラーレン・スーパーシリーズにおいても、瞬時のギアチェンジを実現していますが、675LTに与えられた改良型ソフトウェア・ストラテジーでは、ギアチェンジのレスポンスをほぼ半分にまで短縮しています。変速時、瞬間的にイグニッションを停止することで限界ともいうべき最速のギアチェンジを実現し、驚くほど力強いサウンドの演出もなされます。こうした改良の結果、パフォーマンスの向上だけでなく、ドライバーとの一体感の向上も実現されています。

McLaren 675LT
チタン製エキゾースト

特徴的な2本のエキゾーストパイプ、そして特にアクセル全開時に奏でられるマクラーレンならではの豪快でアグレッシブなエキゾースト・サウンド。新開発の軽量チタン製エキゾーストシステムによって、675LTと他のモデルの違いは明確になっています。さらに、この軽量のエキゾーストシステムは、675LTのさらなるパフォーマンスを解き放つために重要な役割を担っています。V8エンジンの左側のエキゾーストが右バンクの排気を受け持ち、右側のエキゾーストが左バンクの排気を受け持つという特殊な`クロスオーバー’ システムを採用しています。究極のパフォーマンスの実現に最適なチタン製パイプが提供されています。

卓越したハンドリング

マクラーレンは、McLaren P1™のシャーシのセットアップを通じて、ドライバーの操作性の水準を引き上げました。675LTでも、軽量なサスペンション・ハードウェアを一部で採用するなど、McLaren P1™の開発で得た知識の多くからメリットを得ています。他のスーパーシリーズのモデルより10%速められたステアリング・ラックは、McLaren P1™をも上回ります。さらにスプリング・レートも大幅に引き締められ、ハンドリングの精度とアジリティが向上しています。こうした改良の結果、ラップタイムの短縮だけでなく、他のマシンでは味わえない、ドライバーとマシンの抜群な一体感も実現しています。

マクラーレンは、McLaren P1™のシャーシのセットアップを通じて、ドライバーの操作性の水準を引き上げました。675LTでも、軽量なサスペンション・ハードウェアを一部で採用するなど、McLaren P1™の開発で得た知識の多くからメリットを得ています。他のスーパーシリーズのモデルより10%速められたステアリング・ラックは、McLaren P1™をも上回ります。さらにスプリング・レートも大幅に引き締められ、ハンドリングの精度とアジリティが向上しています。こうした改良の結果、ラップタイムの短縮だけでなく、他のマシンでは味わえない、ドライバーとマシンの抜群な一体感も実現しています。

McLaren 675LT
カーボン・ファイバー製ブレーキ

675LTの特徴的な仕様には、カーボン・ファイバー製のブレーキディスクが含まれており、従来のブレーキシステムよりも、大幅に制動力と耐久力がアップしています。フロントでは6ピストン・キャリパーが394mmのディスクを挟み、リアには4ピストン・キャリパーが380mmのディスクを挟みます。さらに強い制動に反応して、持ち上がる‘ロングテール’ エアブレーキによって停止距離は短縮されます。また、このエアブレーキには675LTの比類なきパフォーマンスに対応する、独自の制御ストラテジーが備わっています。

McLaren 675LT
PIRELLI P-ZERO™ INSPIRED TROFEO R TYRES

比類なき操作性を実現するため、ロードカーでありながらサーキットでの走行性を重視したピレリP-ZERO™ Trofeo Rタイヤが675LTには標準装備されています。極めて特殊なトレッドパターンにより、通常の走行条件でのグリップ力は6%高められています。また、さらに強固な構造がステアリング・レスポンスを大幅に向上させ、675LTのキレのある操作とスピーディーな反応をサポートします。無料オプションとして、オンロード用のピレリP-ZERO™タイヤもご用意しています。

McLaren 675LT
スーパーライトウェイトアロイホイール

McLaren 675LTのために用意されたスーパーライトウェイトアロイホイールは、McLaren P1™に装着されているアロイホイールよりも800gも軽量です。ユニークな10スポーク・ホイール(フロント:19インチ/リア:20インチ)が標準装備されます。さらにインパクトをお求めのお客様のために、人目を引く超軽量5スポーク・デザインのホイールもご用意しています。どちらのスタイルも、ドライバーの手応えを最適化するため、従来より大幅にばね下重量を軽減する設計を採用しています。

McLaren 675LT
McLAREN P1™からインスピレーションを得たサスペンション

675LTには、さらに高い次元のドライバーとの一体感を実現するため、徹底的に開発を重ねたサスペンション・システムを採用しています。McLaren P1™の開発で得た重要な知識を活かした結果、675LTでは、アジリティの向上と13.7kgもの軽量化を実現しています。フロントのトレッドは他のスーパーシリーズのモデルより20%拡大され、スプリング・レートはフロントで27%、リアで63%引き締められています。またアングルを大きくとることによって40%ものダウンフォース向上を実現しています。もちろん、3モードに調節可能なサスペンションは、徹底してこだわりぬいた675LTのためのセッティングが与えられています。

McLaren 675LT

カーボンを採用した心臓部

スーパーシリーズの全モデル同様、McLaren 675LTの心臓部にもカーボン・ファイバー製モノセルが搭載されています。軽量かつパワフル、そして驚くほど強堅。わずか75kgにも関わらず、モノセルは事故を起こした場合にドライバーの安全を保証します。また、ハイパフォーマンス・スーパーカー用のサスペンション・システムをモノセルに搭載することで、極限まで安定したプラットフォームが実現されています。操作の安定性、ステアリングの精度、ねじれ剛性。すべてがより路面との連帯感を感じられるドライビング・エクスペリエンスを実現するうえでのメリットとなります。

McLaren 675LT
カーボン・ファイバーを用いたボディワーク

ダウンフォースを40%向上し、1997年に製造されたMcLaren F1 GTR `ロングテール’のデザインに対して敬意を示すため、多くのボディコンポーネントにカーボン・ファイバーを採用しています。これにより、車両重量の軽量化はもちろん、ユニークなエクステリアと、さらなる空力負荷に十分耐えられる強度を実現しています。フロント・バンパー、80%大きくなったフロント・スプリッター、フロント・アンダートレイ、サイドスカート、リアフェンダー、リアデッキ、`ロングテール’ エアブレーキ、リアバンパー、リアディフューザーなどのコンポーネントが新たにカーボン・ファイバー製となりました。

McLaren 675LT
カーボン・ファイバー製エンジン・ベイ

新たに提供される軽量のポリカーボネート製エンジンカバーの下に搭載されたM838TL V8には、ファクトリー・オプションの一部として軽量カーボン・ファイバー製コンポーネントが採用されています。サテン・ラッカーフィニッシュのカーボン・ファイバー製インダクション・プレナムには、特別を証明する675LTのブランドロゴが入っています。また、サテン・ラッカー・フィニッシュのカーボン・ファーバー製エンジン・ベイは、レースで鍛えあげられたテーマを明確に示しています。McLaren P1™からインスピレーションを得た、ビスポークの、硬質アルマイト処理され、微粒子を用いてブラスト処理されたアルミニウム製のオイル用とクーラント用のフィラーキャップにより印象的なコントラストが実現されています。

究極のMcLaren 675LTをデザイン

675LTの妥協を許さないドライビング・エクスペリエンスと個性的なデザインの魅力の両方を、さらに高いレベルへと押し上げる非常に魅力的なオプションをご用意しています。中でもクラブ・スポーツ・パックとクリス・グッドウィン・パックは必見です。クラブ・スポーツ・パッケージは、米国外でご利用いただけるオプションです。チタン製ロールケージ、4点式のレーシングハーネス、消火器が含まれており、サーキットで675LTの走りを楽しみたいファンの方に理想的なパッケージとなっています。

 

McLaren 675LTはマクラーレン・トラック・テレメトリー(MTT)アプリケーションを標準装備しており、サーキットでのパフォーマンス分析が可能です。サーキットを走るスリル、その瞬間を捉えたい。そんな方のために、オプションで3台のカメラが搭載可能です。カメラはバンパーとキャビンのヘッドライニングに目立たないように搭載されます。撮影した映像は、ダウンロードし分析にお使いいただけます。

 

675LT専用のメリディアン社 の10スピーカー・オーディオ・システムやすべてをレーザーで設えるインテリアなど、あらゆるオプションもご要望に応じてご利用いただけます。また、マクラーレン・スペシャルオペレーションズ(MSO)では、完全オーダーメイドのご要望も承っております。 

配信登録

マクラーレンの最新のニュースはお近くのディーラーまたはウェブサイトへご登録下さい