McLaren 12C

12C

Innovative Technology. Unmatched Performance

McLaren 12C は、伝説的なMcLaren F1 以降はじめてマクラーレンがデザインし、製造した量産モデルです。 マクラーレンの真髄ともいえるその革新的なデザインと、Formula 1™ でアイデアを得たテクノロジーが、最も汎用性の高い、可能性に満ち溢れたスーパーカーになりました。

 

Carbon Fibre Monocell
カーボン・ファイバー・モノセル

マクラーレンは、Formula 1™ およびロードカーでのカーボン・ファイバー・テクノロジーのパイオニアです。 マクラーレンの持つカーボン・ファイバーに関する知識は他の追随を許さず、その実績も比類ないものです。 その後、30 年以上にわたって、すべての生産モデルのコア部分にカーボン・ファイバーを採用してきました。 McLaren F1 の各カーボン・ファイバー・シャシーの製作には 4,000 時間が費やされました。 20 年間の技術革新を経た今、12C のセンターにあるモノセルの製作にかかる時間はわずか 4 時間です。

McLaren 12C
アクティブ・エアロダイナミクス

McLaren 12C の息を呑むようなボディラインが生み出すカーブには、何百時間もの高度な計算による流体力学、何週間もの風洞試験、そして完璧さへのこだわりが必要でした。 技術的な美しさを備え、パフォーマンスを重視した12C は、エアロダイナミクスの芸術ともいえます。

BRAKE STEER

F1™チャンピオンシップで優勝したMP4-13向けに最初に開発されたブレーキステアは、その圧倒的な優位性のために、スポーツ界ですぐに禁止されました。 革新的なブレーキステアテクノロジーは、トラクションを管理し、ミッドコーナーアンダーステアを最小限に抑え、高速コーナリング時にオーバーステアを制御します。 この画期的な技術は現在、当社のロードカーに適用されています。

このシステムは、速度とステアリング角度を考慮して、完璧なコーナリング軌道を作り出します。 そしてコーナリング中に後部内側ホイールに必要な正確な量のブレーキ力を適用します。これにより、車が目的の経路を効果的に旋回することができます。

McLaren 12C
McLaren chassis

PROACTIVE CHASSIS CONTROL

プロアクティブシャシコントロール(PCC)は、スポーツカーのサスペンション設計を根本的に見直すことになる、半世紀に1度の大発明でした。 クルージング時にしなやかに。 角を曲がるときは滑らかに。 PCCは、ダイナミックなハンドリングと快適な乗り心地という相反する目標に対処し、両方に新しい基準を設定します。

配信登録

マクラーレンの最新のニュースはお近くのディーラーまたはWebサイトへご登録下さい