McLaren Automotive 2017 事業年度

奴隷と人身取引に関する声明

この声明は、2015年英国 現代奴隷法の第54節に基づいて作成され、McLaren Automotive Limited(以下「マクラーレン」または「私たち」)が現在の奴隷制度または人身売買が弊社またはサプライチェーン内行われないことを保証するために行ってきた措置を示しています。

この声明は 2017年12月31日に終了した会計年度に発表されました。

私たちは、高性能スーパーカーの世界的なメーカーです。McLaren Automotive groupは、2000人を超える従業員を抱え、グローバルに事業を展開しています。生産の要であるマクラーレン・テクノロジー・センターは英国に拠点を置いています。

現代においての奴隷制は犯罪であり、人権を侵害しています。現代における奴隷制とは、奴隷制そのものの他に、自由の束縛、強制労働、人身売買など、さまざまな形態が認められます。これらはすべて、個人的または商業的な利益のため、他人の自由を奪う行為です。私たちは、企業の取引と関係のすべてにおいて倫理的かつ誠実に行動し、現代の奴隷制が弊社またはサプライチェーン内のどこでも行われないようにするために、効果的なシステムと制御を実装および実施することに努めています。これは、マクラーレンの反奴隷政策に反映されています。

 

サプライヤーとの関係について

 

We actively manage our relationships with our suppliers and take steps to ensure We have transparency in our supply chain. As part of our initiative to identify and mitigate risk of slavery and human trafficking occurring our supply chain we are reviewing our request for quotation process and the contractual terms we have in place with our suppliers to place more stringent obligations on our supplier to comply with all applicable laws, statutes and regulations. We do not allow suppliers to sub-contract to third parties without prior written consent from McLaren to ensure we maintain transparency in our supply chain. Where appropriate and with the welfare and safety of those individuals at risk as a priority, we will provide support and guidance to our suppliers to help them address their concerns in their own business and supply chains.

 

従業員と採用について

すべての従業員は、人身売買防止および人身売買に関するポリシーを順守する必要があります。すべての従業員に対し、現代の奴隷制に該当しうる、弊社または弊社のサプライチェーン内でのいかなる行為、従業員への扱い、または労働条件に関し、マネージャー、人事部、または当社の内部告発ポリシーに従って内密に報告することを推奨しています。弊社では弊社直属の従業員が弊社での役割を開始する前に、「労働権」チェックを実施します。この労働権チェックには、従業員に有効なビザを有していること、就労に適した年齢であることが含まれます。

私たちは、定期的なトレーニングを通じ、スタッフが常に現代の奴隷制度と人身売買のリスクについて高いレベルでの理解を持つよう努めています。

私たちの未来

 

次の12か月で、以下のことを遂行します。

  • 現代の奴隷制リスクを特定し、対処する立場にある可能性が最も高い従業員に、トレーニングを提供し続ける。
  • 弊社の発注の手順を見直し、サプライヤーになりうる者及び組織に対し、その意志の表明として、アンケートに回答するように徹底します。これにより、その受領者は常に倫理的な行動をとる義務を早い段階で認識できます。すべてのサプライヤーになりうる者及び組織に対し、弊社に正式に関与する前に、正確に弊社の行動規範を順守し、かつ2015年英国 現代奴隷法に完全に準拠していることに同意することを義務付けます。
  • 行動規範をMcLaren AutomotiveのWebサイトで公開します。そして
  • 特定のリスクの高い一次サプライヤーの監査を実施し、弊社の高い基準である法的要件へのコンプライアンスを監視します。今後はすべてのサプライヤーが弊社が定める基準に見合うよう、実施する監査の数を増やします。

 

マイク・フルウィット

最高経営責任者
McLaren Automotive Limited